子どもから大人までしょうが湯で元気になりましょう

私が子どものときに水泳の授業があり、泳ぎ方の練習や歩く練習、潜る練習をしました。30分以上プールに入っていると体が冷えるので、プールサイドにあがって温かいしょうが湯を飲んでいました。どうしてしょうが湯で温まるのかなと思っていましたが、先生に聞いてみると「しょうが湯は冷えた体を温める効果がある」と教えてくれました。 今になってちょっと調べてみると、しょうが湯にはいろいろな効果があるようです。身体を温める効果の他にも血のめぐりを良くし、風邪を引きにくくしたり、腹痛や吐き気を和らげます。めまいにも効果があり、コレステロールが低くなったりもするようです。また痛みを抑え、解毒、抗菌、酸化防止にも効き目があることが分かりました。さらに新陳代謝が良くなることでダイエット効果にもなるようです。しょうが湯を飲むことと一緒に運動をすればもっと効果的に痩せられるようです。女性特有の生理痛にもしょうが湯は効果があるそうで、下半身の冷えには高い効果が見込め痛みも軽減されるそうです。 朝に身体を温めると、一日冷えにくく、さらに寝る前に飲むとポカポカし眠りやすくなっています。 またしょうが湯はいろいろなアレンジができ、ハチミツやゆず、くず湯風や黒糖などオリジナルで楽しむことができます。 私もしょうが湯で元気でいたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

イメージ画像